「サラ金」は過去のもの?

そもそも現在はサラ金、という名称はあまり使われておらず、主に使われているのは消費者金融です。これには過去、サラ金といえば支払いが過酷な金利、乱暴な取り立てなどによる悪いイメージを払拭しようという狙いがありました。
一時期はサラ金地獄などという言葉もあり、一般的には悪いもので利用すべきではないという固定概念がついてしまってしました。


現在のサラ金はクリーンに

消費者金融という名称を主に使われるようになってからというもの、サラ金はより生活に寄り添った存在となり、一般的にも深く浸透するようになりました。
今ではゴールデンタイムにテレビCMが流れるほど一般的なものになりました。
また、ビルの一室で行われる契約や融資のイメージも変わり、今では無人で契約を行える無人契約機や、WEB上で申し込むことができるようにもなっており、サラ金の存在がより身近に感じることができるようになっています。


しかしお金を借りるという自覚はなくさないで

しかしやっていることは今も昔も変わりません。貸金業者からお金を借りているのです。
いくら利用ハードルが下がり利用しやすくなっているとはいえ、甘い考えで融資を受けるべきではありません。計画的に、自覚を無くすことなく賢い利用をしましょう。